プレイヤー数/時間/年齢/研修例

プレイヤー数:2人〜4人

時間:20分〜40分

年齢:(漢字のサポートすれば)9才〜99才

研修例:コミュニケーション研修、要件定義研修、ヒアリング研修、1on1研修など

ストーリー

あなたは、記者としてある人物へのヒーローインタビューを任されました。

しかし、上司から「合同インタビューだけじゃなくて、独占取材もさせてもらえ。」と指示が。

会場に向かうとすでに、たくさんの記者が同じように「独占取材」を申し込んでいました。

ヒーローは「わかった。でもこんなにたくさんは受けられないので、1人だけ合同取材で良かった人にするよ。」と言ってなんとか場を収めました。

果たして、あなたはヒーローから独占取材のオファーをもぎ取ることが出来るでしょうか?

ゲームの概要

記者役はヒーロー役に対して合同インタビューを合計6分間行います。

インタビューが終わったら、ヒーロー役が一番良いインタビューしたと思う記者一人に 独占取材の【オファー】を出します。

これを取った記者が勝ちです。

内容物(カード)の説明

  • ヒントカード
  • オファーカード
  • ネタ帳カード

ヒントカード

Lv1〜3まで各4枚ずつ。
全12種類。
表は「いいね」、裏は「残念」が表示

オファーカード

表が「オファー」(誰か1人、勝者を指名)
裏が「帰って」 (誰にも独占取材をOKしたくない時はこちらを提示)

ネタ帳カード

ヒーローが話す話題(テーマ)を決める時に使うカード。

ネタ帳1は、身近な話題。
ネタ帳2は、協働や取引するときに使える話題。
ネタ帳3〜4は、新規事業などのニーズインタビューや、要件定義に使える話題。
ネタ帳5〜6は、1on1や心理職の傾聴訓練など、深い相談に乗る時の話題。

遊び方

1.「役割」と「記者番号」を決める

A.ヒーロー役(1人)をじゃんけんで決めます。
 他のプレイヤーは記者役(1〜複数人)になります。

B.どのカードフォルダ(記者01、記者02とかかれているフォルダ。下記図の赤い点線で囲まれている部分)を使用するのか全員に番号を割り当てる。(例:記者01は広瀬さん、記者02は石山さんが使いましょう。)

2.話題(テーマ)を決める

ヒーロー役はインタビューで**話す題材(テーマ)**を決めます。

A.ネタ帳カードをシャッフル。

B.カード一枚を捨札置き場に移動し、そのカードめくる

C.出たカード内容の番号と、山札の番号が一致するネタをテーマにする。

D.もし、そのテーマで話すことが出来ないなら、再度A〜Cを行う。話せるネタが出るまでこれを続ける。

実際に自身の事で、話せる内容をお選び下さい。(スポーツ選手のふりをする必要はありません。)

3.ゲーム開始(「インタビュー」と「リアクション」の実施)

インタビュー時間は合計6分間(2分×3セット)

インタビュー」と「リアクション」を3セット繰り返します。

タイムスケジュール

A. 0:00〜2:00(2分間)セット目 インタビュー (記者役が主導)
B. 2:00〜3:00(1分間)セット目 リアクション Lv1のヒント4枚 (ヒーロー役)

C. 3:00〜5:00(2分間)セット目 インタビュー (記者役が主導)
D. 5:00〜6:00(1分間)セット目 リアクション Lv2のヒント4枚 (ヒーロー役)

E. 6:00〜8:00(2分間)セット目 インタビュー (記者役が主導)
F. 8:00〜9:00(1分間)セット目 リアクション Lv3のヒント4枚 (ヒーロー役)

※初プレイの人がいる時は、リアクションを90秒に伸ばしてもOK

インタビュー(2分×3)

記者役がインタビューを主導して行って下さい。
質問の順番は自由です。

なお、ヒーロー役は、話したくないことを無理に話す必要はありません。

リアクション(1分×3)

A.ヒーロー役がそれぞれの記者役に感じたことを、提示されている4枚のLv1ヒントカードから選び、該当する記者のフォルダに出します。

  • 1人に複数枚のヒントカードを出してもいいし、一枚も出さなくてもいいです。
  • 一番該当する人だけにしか出せません。(二人に「丁寧」を出すことはできません。より丁寧だったのはどちらの記者だったか?を選んで出して下さい。)
  • 慣れてきたらインタビュー中にヒントカードを提出してもOKです。

B.4枚のLv1ヒントカードの中で、誰にも該当しなかった、ヒントカードは捨札置き場に移動します。

C.次セットのインタビューに備えて、Lvが一つ増えたしたヒントカードが4枚並んでいるかを確認します。

  • Lv数値が低いカードがある場合は、捨札置き場に捨てる。
  • Lv数値が高いカードがある場合は、既に場に出していないか確認し回収する。

D.上記のA〜Cを3セット分繰り返します。

ヒントカードはセット数にあわせて、提出するレベルを揃えます。

「1セット目=Lv1のヒントカード」「2セット目=Lv2のヒントカード」「3セット目=Lv3のヒントカード」

セットが終わるごとに、該当するLvのカード4枚を提出か捨てるかして下さい。

※記者役はヒントカードを参考に、ヒーロー役に合わせた聞き方をしていき【オファー】獲得を目指しましょう。

4.オファーカードの提示

ヒーロー役は、もしインタビューを続けるなら、誰が良いか?一番良かった記者を一人選び【オファー】をその記者に出します。

オファーカードを手にした記者役が、このラウンドの勝者となります。

5.役割の交代

記者役だった人の中から1人ヒーロー役を選んで、再度ゲームを開始する。

プレイヤー全員にヒーロー役が回ったら、ゲーム全体の終了

一番たくさんオファーカードを手にした人が最終勝者です。

6.ゲーム終了時

ゲームが終わったリセットしてルームを退室して下さい。 (ルームが「空室」表示になります)

β版オンラインビジネスゲーム説明書

オンラインビジネスゲーム一覧

コミュニケーション力ゲーム
「ヒーローインタビュー」


プレイヤー数:2人〜4人
プレイ時間:20分〜40分

発想力ゲーム
「地方想生」


プレイヤー数:2人〜6人
プレイ時間:10〜30分

販売・接客・営業ゲーム
「あなたに売れないものはない」


プレイヤー数:3人〜5人
プレイ時間:20分〜60分

幹部・右腕育成 秘訣集
ゲートキーパー パターン・ランゲージ


プレイヤー数:1人〜6人
プレイ時間:20分〜30分

ご利用について

研修のご依頼

お見積りはこちらから。

お見積り目的、対象、人数などに応じてご用意いたします。

お見積りはこちらから

内製利用

イベントや、研修などでご利用される場合はこちらを御覧ください。

https://so-guu.com/service/online-biz-game/onlinegame_application_flow/

体験会(まずは体験したいという方)

検討するために、事前に体験したいという方はぜひ体験会に起こし下さい。
(すでに要件が固まっている方には、その方のご希望や日程に合わせて行いますので、お問い合わせからご要望お送り下さい)

まず体験してみたいという方はこちらへ。研修/ビジネスボードゲームの体験会オンラインにて定期的に開催。お気軽にご参加ください。

体験会のご案内

パートナープログラム(販売代理など)

弊社のオンラインゲームを使った研修などを行いたい企業・講師向けのパートナープログラム(代理店契約など)もございます。詳細はこちらを御覧ください。

詳細はこちらを御覧ください。

お気軽にお問い合わせください。03-3868-2454営業時間 10:00~18:00【土日・祝日除く】

お問い合わせ